« たまには変わったことをしてみるのもいいね | トップページ | あぁ、我が人生に幸あれ »

2006年6月 2日 (金)

私は…不幸ですか?!

え~…現在朝の5時。まだ起きてます…寝てません。今日は徹夜だな、明日(もう今日か)のバイトがつらそうだ。

さて、1日は映画の日ということで久々にバイトは両方とも休みをもらってちゃんとした休日を楽しみました。そして、見た映画は『嫌われ松子の一生』と『ダ・ヴィンチ・コード』の2本。

結論から言うと、『嫌われ松子の一生』は私の中での今年のベストムービーになる可能性のある良作。『ダ・ヴィンチ・コード』は今年のワーストムービーになる可能性のある駄作。と、見事に差のある作品でした。

まず、昼に『嫌われ松子の一生』を見たのですが、これは非常に不幸な話なのにミュージカルで結構明るい感じになっています。松子の人生が段々どん底に落ちていく様子が描かれているのですが、《人生》がよく描かれていると思います。《人生》というのは《人》と《人》とが絡み合っていくものであり、その《人》というのは感情を持っているのであり、自分の思うとおりにはいかないものです。そういう《人》との出会い、別れが自然であり、そして脚本として見ても無駄なところがほぼ見当たりません。どの《人》とのかかわりもちゃんと意味があるんです。そして、松子という一人の人物の人生を見てきて感情が移入しているところにあんな人生の終わり方。私は映画を見て涙を流すということがあまりないのですが、この映画は映画館で号泣でした。歌がまた涙を誘うんです。この作品は歌もいい歌ばかりです。邦画は全然見ない私ですが、この作品はかなりの良作。いや、本当に見てよかった。もう一度見たいくらいです。

対して『ダ・ヴィンチ・コード』は、なんと言うか無駄が多いですね。と、言うか私は原作を読んでいないのですが、原作から結構削られてうまくまとめきれていないのではないかと思います。私は結構歴史は好きなので内容的には全然わからないというわけではなかったのですが、なんだかサスペンスとしても中途半端だし、謎解きも唸るようなものではないし。そもそもあまりタイトルのダ・ヴィンチの暗号というのがメインではないような気が…。この作品はわざわざ映画にするのではなく、本だけでとどめておいてもよかったのではないかと思います。いや、本も読んでないからわかりませんが^^; ジャン・レノのキャラも別にいなくても問題はないですよね。

映画を見ていて、登場人物に無駄があると気になるんですよねぇ。とってつけたようなキャラ設定とか、おおげさな演技をするけれどパフォーマンスだけで内容的には重要じゃないキャラとか…。そういうところで客を楽しませようとするのではなく、必要最低限の人物だけでしっかりとしたストーリー、こういうのがいい脚本なんじゃないですかね。

あぁ…なんかえらそうに映画のことを語っちゃってるよ…。

まぁ、『ダ・ヴィンチ・コード』は映画を見る前に映画に詳しい知人からあれは見る価値のない駄作だって言われたのでテンション下がっちゃったんですよねぇ^^; 見るのをやめようかとも思ったのですが、一応話題作なので話のネタに見ておいたほうがいいかなぁという気持ちで見てたので完全に粗捜しをしながら見てました…。

本物のダ・ヴィンチの暗号ってのは面白そうなんですよねぇ。そっちには興味があったりして。

映画の予告は結構面白そうなのが盛りだくさん。邦画では岡田君が出てる『花よりもなほ』ってのがおもしろそうかも。あと、『日本沈没』w ま、『M:I:Ⅲ』と『ウルトラヴァイオレット』が期待大かな。あっ、やっと『007 カジノ・ロワイヤル』の予告があった。今度のボンド…微妙だ…2代目ジョージ・レイゼンビーになりそうな予感。

さぁてと、次は何を見ようかなぁ。

|

« たまには変わったことをしてみるのもいいね | トップページ | あぁ、我が人生に幸あれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43361/2034672

この記事へのトラックバック一覧です: 私は…不幸ですか?!:

« たまには変わったことをしてみるのもいいね | トップページ | あぁ、我が人生に幸あれ »