« FFⅢ 攻略レポート その① | トップページ | FFⅢ 攻略レポート その③ »

2006年8月22日 (火)

FFⅢ 攻略レポート その②

夜11時。帰宅。と共に、FF3再開。

スタート時、レベル15.昨夜はオーエンの塔に入ったところでまたしてもミニマムの時と同じく今度はトードでカエルにならないと入れないダンジョンであることにやる気が半減。が、最初の入り口を通り抜ければ古代人の村で買っておいたおとめのキッスを使ってもとの姿に戻れた。今回はちゃんとまともに戦士でも戦えるダンジョンでよかった。

この塔、意外と高く10階まで登ったところでようやくボスの出現。ボスは大陸の浮遊を制御しているオーエンの塔を破壊しにきたメデューサ。はっきり言って弱い^^; 魔法があまり効かないのでどの属性が効くのか試していたらルーネスとイングズの攻撃だけで倒してしまいました。
すると、デッシュの記憶がもどります。「俺はこの塔の管理者で古代人の生き残りだったんだ!」
なんと、そうだったのか!?(笑

火がついた動力炉を止めるため、デッシュは身を投げ出します。ここでデッシュは死亡しパーティーからはずれます。
で、デッシュの力で外までワープ。
次はドワーフの洞窟へいかなきゃならないようですね。

ドワーフの洞窟に着くと、ドワーフの宝である2本の角の片方が盗まれ犯人は地底湖に入ったという。
奥に進むと湖が。ここでもカエルになって進入。(このゲーム変身しなきゃ入れないダンジョン多いな^^;)

地底湖を奥に進むと怪しい人影。角は渡さん!とかいいながら襲い掛かってくる盗賊グツコー。弱い^^;
今回は倒したら入り口までワープはないようですね。代わりに、デッシュたちが仲間だった頃にフィールド画面で後ろに彼らがついてきていたようにしてなんか変な線がついてきます^^; いや、本当に線としか言いようがない…。
ドワーフの洞窟に戻って角を元の場所に戻すと線の正体もわかりました。
突然グツコーがしゃべりだし、影に化けていたとか言って線(影)がグツコーになります(笑
で、角を2本とも奪って逃走。角は氷の角で、炎のクリスタルを手に入れるために盗んだとのこと。
グツコーを追って北の山へ!

北の山ってドワーフの洞窟のすぐ上にあるのね^^; 入ってみると、そこは炎の洞窟。敵が結構パワーアップしています。とりあえず、先に進んでみることに。
進むと、火のクリスタルの部屋に到着。グツコーは先に来ていてクリスタルの力でパワーアップして襲ってきます。グツコーは名前と姿も変わり、竜の姿のサラマンダーに。
で、今までのボスと同じように弱いだろうと思い、舐めてかかりました。戦闘の前に回復することもせずに。すると…ほのお(全体攻撃)…ルーネス死亡。おう!?ヤバイ!フェニックスの尾は1個しかない。で、その1個を使った瞬間、生き返ってHP1のルーネスはまたもや全体攻撃のほのおをくらって死亡orz しかたないので3人で戦うことに。敵は炎系の敵なので、アルクゥにブリザガとブリザラを連発。イングズは殴り、レフィアは全員にケアルラの戦法。…しかし、健闘むなしくアルクゥも死亡。ケアルラも使えなくなったのでレフィアはHPが減っているほうにケアルをかけながらイングスで殴るをくりかえしていたら何とか勝利。ふぅ、今までで1番苦戦しました^^;
炎のクリスタルから新しいジョブをGet!

ドワーフの洞窟に戻ると、入り口から人が。トックルの街がもう略奪するものがなくなったために焼き払われようとしているとのこと。ご丁寧なことに、ハインは弱点を帰られるからそれを見破る方法は学者が…。と言って死亡します。あ~、ジョブチェンジで1人は学者にしろということですね。
ここでルーネスをナイトにジョブチェンジ、イングズを学者にジョブチェンジ。

トックルにつくと、とたんにアーガスの兵士につかまって生きている森の浮遊している樹の中にある牢屋に入れられてしまいます。
どうやらボスのハインというのはアーガス王の側近だった神官らしい。大地震の後に何かに取り付かれたみたいですねぇ。
またしても小人になって脱出(笑
奥に進むと魔道士ハインの登場。前回のサラマンダーの件があるので慎重に戦うことに。
弱点が変化するのでイングズのみやぶるで弱点をチェックしながらアルクゥは魔法を放つ。ルーネスはひたすら攻撃でレフィアは回復という戦法で、今度は比較的楽に倒せた。
と、呪いが解け生きている森の長老が目を覚ます。つかまっている人たちを元の街に戻し、長老も生きている森で眠りにつく。ここで風の牙をGet!

とりあえず、アーガスとかに行ってみることに。
アーガス王に会うと、時の歯車というアイテムをもらえる。これをアーガスのシドのところにもっていくことに。

シドに時の歯車を渡すと、エンタープライズを飛空挺に改造すると言い出す。そのまま外に出て行って、ガチャガチャと聞こえるとものの数秒で完成(笑
船に乗り、Aボタンを押すと空が飛べるようになりました。降りれるのは水の上だけらしいですが。
そして、どこに行けばいいのかわからなくなりました^^;

外の世界にでてうろうろしていると神殿を発見。入ってみると、どうやら水のクリスタルが置いてある水の神殿らしい。しかし、クリスタルにはエリアという人物しか触れることができないと言う。
神殿に回復の泉があるので、ここでいったんレベル上げに専念。
Lv18→Lv21になったので、ストーリーを進めることに。

また当てもなく外の世界をさまよっていると、難破船を発見。中に入ると、娘が寝込んでいて回復アイテムを使ってあげると起き上がり、話し始める。どうやら、彼女が水のクリスタルに関係するエリアらしい。すべての現況は土のクリスタルで、大陸が丸ごと地中に沈んでいるとかなんとか。
とりあえず、エリアを連れて水の神殿に向かう。神殿にあたクリスタルはどうやらかけらだったらしく、それを持って水の洞窟へ向かうことに。

水の洞窟の奥に進むと水のクリスタルの部屋にたどり着く。エリアがクリスタルのかけらに力を蓄えようとすると、物陰から何者かが現れて呪いの矢で主人公達を狙い、それを察知したエリアが身代わりに撃たれる。
敵の正体はクラーケン。どうやらザンデとかいう奴に使わされているらしい。
ここでボス戦。弱い^^; 前2戦に比べるとなんとも言えない弱さ(笑

と、さっきの矢のせいでエリアが死亡。と共に地震が起こり、大陸が浮上。主人公はエリアを置いていけない!とか言って逃げ遅れる…そして、どこかの街で目を覚ます。
街はアムルの街というらしい。

情報を集めると、まずゴールドルという金に目がない奴が自分の持つクリスタルをとられまいと、エンタープライズにへんな鎖をかけた。ゴールドルの屋敷はアムルから南に行った山の所。そこに行く途中には底なし沼がある。底なし沼を通り抜けるためには下水道にいるばあさんがふゆうそうをもらわなくてわならない。
こんなところかな。

水のクリスタルのおかげでジョブが増えていたので、イングズを空手家に、アルクゥをシーフにジョブチェンジ!

ジルというじいさんの家に行き、下水道に案内してもらう。ここでジルの家の外に変な4人のじいさんが出てくるが、後でイベントに絡んでくるっぽい

下水道に入って少し進むとさっきの4人のじいさんがゴブリンに囲まれているので助ける。
さらに奥に進むとデリラばあさんがいる。このばあさんは主人公達が伝説の勇者であることを疑うが、ふゆうそうを貸してくれるという。放り投げるから受け取れと言われると、さきほどの4人のじいさんの登場!「下がれ!」投げつけられたふゆうそうは突如爆発。疑っていたばあさんが偽者を投げつけたのだ。じいさん達がばあさんに本物の勇者であることを説明すると、今度は本物のふゆうそうを貸してもらえる。その後、じいさん達のテレポで街の入り口へ。

町を出てゴールドルの屋敷に向かう。
ゴールドルの屋敷は鍵がかかった部屋が多い。シーフの出番である。
で、右上の部屋に隠し部屋があり、そこを奥に進むとあっさりとゴールドルのいる土のクリスタルの部屋にたどり着く。
ボス戦。ゴールドル…魔法攻撃が異様に攻撃力高くて、しかもイングズが集中攻撃を受け死亡。ルーネスとアルクゥの攻撃だけで結構楽に倒せたので魔法攻撃にさえ注意すれば楽勝。

倒したはいいものの、ゴールドルは最後のあがきに土のクリスタルを粉々に破壊してしまう。とりあえず、船の鎖は取れたようなので船に戻ってみることに。

大陸が浮上したことで、フィールドマップがまったく別物に変化している。行き着いたダスターとレプリトという街で召喚などの情報を聞き、その後またあてもなく空を飛び回っていると、かなり大きい街を発見。そこに飛んでいくと砲撃を受け、飛空挺爆散(泣

どうやら打ち落とされた場所はサロニア城というらしい。
城下町が4つに分かれており、それぞれで情報収集。
王様が国内で勢力を2つに分けて戦争をしているらしい。
大臣がガルーダという魔物にのっとられているというウワサも。そして、ガルーダを倒すためには竜騎士じゃないとダメだとか。
ということで、アルクゥを竜騎士にジョブチェンジ。

左下の城下町にある酒場に行くとアルス王子がチンピラに絡まれている。助けてあげると、アルス王子が仲間になり、王様に会いに行くことになる。
右下の城下町にある塔を登ると、竜騎士の装備が3セット分準備してあったので、3人竜騎士にしたほうがよいと判断。ルーネスとイングズも竜騎士にジョブチェンジ。

城に行くと、門番に通してもらえないが、王様の許可が下りて中に入れてもらえることに。中の部屋でこの日は泊まって次の日王と会うことになる。と、夜中に王様がナイフを持ってやってきて、アルス王子を殺そうとする…が、自分を刺して操りをとく。やってきた大臣がアルス王子と王様をまとめて殺そうとするところでボス戦。ガルーダ…強い!う~む、竜騎士が必要だった理由がわかりました。かみなりというダメージの大きい全体攻撃を使ってくるんですね。竜騎士ならばジャンプで空を飛んでいる間はダメージを受けない。それでもタイミングが合わずダメージを受けてしまうのですが^^; 空を飛べないレフィアは自分の回復が追いつかず死亡。さらに、ジャンプのタイミングがあわずにかみなりをくらってイングズが死亡。回復ができないので追い詰められ、もうだめかと思ったところでなんとか倒せました。

結局さっき自分を刺してしまった王様は死亡。アルス王子が王位を継ぐことになる。
城の右側の部屋にいる学者に話しかけると、ノーチラスという飛空挺をもらえる。
城で情報を集めたところ、ダルグ大陸にいる3人の魔道士に会いに行かなければならないらしい。
ここで、ルーネスとイングズを元のジョブ(ナイトと空手家)に戻しておきます。

さて…と。ここで深夜3時半。さすがに目が疲れてきたので今日はこれくらいでやめますかね…。
Lvは全員24。
いやぁ、なんか軽いノリではじめちゃいましたが、結構はまってしまいました。おもしろいですねぇ。
これはDS版も買いですね!

|

« FFⅢ 攻略レポート その① | トップページ | FFⅢ 攻略レポート その③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43361/3165523

この記事へのトラックバック一覧です: FFⅢ 攻略レポート その②:

« FFⅢ 攻略レポート その① | トップページ | FFⅢ 攻略レポート その③ »