« チャーリーは…敗北した…w | トップページ | 俺を踏み台にしたぁっ!? »

2006年9月 2日 (土)

時をかける少女

本日1日は映画の日!!1000円なので何か映画を見ねば!!と気づいたのが昼の2時過ぎ。

現在放映中の映画で見たいのは…スーパーマンリターンズ、時をかける少女、森のリトルギャング…くらいですかね。

ゲド戦記はなんかどうでもいいです^^;

で、一人で行くのもなんだと思って弟に声をかける。と、時をかける少女が見たいという。よって、19時35分からの回を見に行くことに。

結論から言うと…これは、私の心には残る映画になりそうです。

なんというか、主人公がいいキャラですねぇ。生き生きとしていて、元気一杯で、過去に戻れる能力を手にしても妹に食べられたプリンを食べるために時間をさかのぼるようなかわいらしいことに使ったりと。

何よりも、主人公…紺野真琴の声、そして演技が良い!声を担当している仲里依紗さんはこれから要チェックですね。声優さんではないのかな?

CMでも見る、ジャンプしながら「いっけ~!!!」って叫ぶところとか、すごく心に残ります。

いやぁ、ストーリーもどっかで見たことがあるような…でもなんだか新鮮な感じで見れるものでした。

やっぱり、劇場版アニメのように制限された時間の中でうまく話を作るのであれば、少数のキャラクターでどれだけうまく人物をからみ合わせるかですね。

この作品は過去にさかのぼれるという利点を生かして、真琴の友人である千昭と功介という人物が段々深いキャラになっていきます。

普段は時間の移動が話しにかかわると、タイムパラドックスとかいろいろと考えてしまうのですが、この作品はそういうのは別に考えなくて見れました。難しいこと抜きで、一緒に笑って、一緒に泣いて、そういう映画だと私は思いました。

そうやって感情移入していると、主題歌と挿入歌もいい曲に聞こえて、帰りにうちの店で借りてきちゃったw 今聞きながらこれを書いています。

キャラクターデザインがエヴァンゲリオンや.hackで有名な貞本義行だったのも良かったですねぇ。

なんか、こういうラブストーリーを見ると自分もまた恋がしたくなりますねぇwwww

さて、ここまでほめたので今度は気に入らなかった点を。

やはり、最近のアニメーションは質が落ちていると思います。何がかと言いますと、動かないんですよ。あれだけ広い画面で動いている部分がほんのわずか。背景の風景が止まったまま主要キャラクターだけが動くとか、教室にいる他の生徒は身動き一つしないとか…。こういう所がかなり気になります。

かと思うと、無駄に話に関係ないエキストラを動かして時間を延ばしてみたりと。必要なところで動かして、必要のないシーンを減らせばもっといい作品に仕上がると思います。

あとは…演技には間のとり方が大事だということは良くわかりますが、なんだかしつこい間があったりするとやっぱり気になりますね。

過去に戻るということで、何度も同じ時間が繰り返されるのですが、たま~に同じのを繰り返しすぎてしつこいと思う部分もあったり。まぁ、これは繰り返すことで味がでたりするので一概にやりすぎとは言えませんが。

あとは…私はちょっとあのラストは気に入りませんね。「○○で待ってる」って…本当に会えるのかよ!会えても年齢が…。これ以上は完全にネタばれになるので言いませんが…。

まぁ、もしかしたら私が作者の意図まで読み取れなくそれで意味を履き違えてしまったのかもしれませんが、ちょっとあれでは納得がいきませんねぇ^^;

うちには筒井康隆全集が全巻揃っているので、原作の時をかける少女も読んでみましょうかねぇ。

話は違うでしょうけれど、なにかさらに深いところまで読み取れるかもしれません。

実は私、時をかける少女っていうのは昔実写映画があったということと、ユーミンの歌にあったなぁってことくらいしか知らなかったのです^^; 先日父に原作は筒井康隆だよって聞いてビックリ。以前から父に読めばいいと進められていた筒井康隆だったとは。いよいよ全集を読んでみますよ。

まぁ、なんですか…私がこの作品で一番惹かれたのは最初に言った主人公の真琴の演技ですね。すっごく私好みなんですよ!現実にこの子がいたら付き合いたいって思うくらいw

映画が終わった時点ではまぁ、悪くはないけどそこまでたいしたものでもなかったなぁなんて思っていましたが、今になって心に染み込んでいることに気づきました。

もしも他の評判が悪くとも、私の中ではこれはある意味名作と言えるでしょう。

帰りに寄った古本屋さんで、この作品の絵コンテ集やガイドブックが少し安く売ってあったからちょっと買おうか迷った末に買わなかったんです。今になって買っておけばよかったってw 明日また行ってみようかなぁww

きっとDVDが出たら買います!

さて、さっき時をかける少女の本を買わずに500円で買ってしまったジオニックフロントでもしますかね。

時をかける少女 公式サイト

時をかける少女 〈新装版〉 Book 時をかける少女 〈新装版〉

著者:筒井 康隆
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

時をかける少女 オリジナル・サウンドトラック Music 時をかける少女 オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:サントラ
販売元:ポニーキャニオン
発売日:2006/07/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« チャーリーは…敗北した…w | トップページ | 俺を踏み台にしたぁっ!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43361/3289601

この記事へのトラックバック一覧です: 時をかける少女:

« チャーリーは…敗北した…w | トップページ | 俺を踏み台にしたぁっ!? »