2006年3月27日 (月)

かしまし ~かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 第04話 「少女三角形」

Kasi4_2

今回ついに修羅場に突入。三角関係がはっきりと描かれています。

Kasi41

やす菜と仲直りしたはずむが仲良くなりすぎていつも二人が一緒にいることが気に食わないとまり。ついはずむのことを考えてしまう。

そんな中、新しい先生がやってくる。なんとその先生は宇宙仁だった!前回宇宙仁と出会っている並子先生がまた騒がしいw

そして、やす菜を敵視してしまうとまり。やす菜はそんなことも気にせずはずむと共に帰宅。

Kasi42

帰宅途中にショッピングをすることにしたはずむとやす菜。ペアルックw この服…似合ってるか…? そして、勢いで二人はカラオケに行くことに。ここではずむが入れた曲は…かしましラジオで流れているコンパス ~笑顔の行方~!これ、流れただけで感動しましたよ私w そして、コードに足を引っ掛けてやす菜を押し倒してしまうはずむ。

その後どうなったのかは…お楽しみw

Kasi44

はずむのことが気になっているとまりはCDを返すのを口実に夜にはずむの家にやってくる。はずむはとまりに一緒に服を買いに行かないかと誘うととまりはうれしそうな顔をするが、やす菜にいい店を紹介してもらったと付け加えると、とまりは残念そうな顔になる。完全にやきもち焼きですね。

その帰り道にコンビニで立ち読みしているとまりの元へあゆきの登場。またしても意味深な発言をして今回のあゆきの出番は終わり。彼女、結構重要なポジションについてますよねw

次の日、植物の手入れをしに雨の中屋上へ登るはずむとやす菜。はじめは植物が少なかった屋上に段々緑を増やしたはずむのことは昔から気になっていたというやす菜。たまたま向かい側の窓から二人を目撃してしまうとまり。ついに、やす菜がはずむに告白!

Kasi45

そして、KISSを!!…が、とまりが叫んでそれを阻止!見られていたことと、やってしまったということで逃げ出してしまうやす菜。とまりもやってしまったと自分を責めながらその場から逃げ出してしまう。

そして、とまりとやす菜の対決!(?)

「ごめんなさい、でも私は…はずむ君のことが好き…好きなの!」

「やす菜!お前…はずむのこと振ったんだろ。はずむのこと…傷つけたんだろ!」

ん~、ついに修羅場突入。

いや、ここは女の子三人で仲良くしなよ…。はずむはもう…女の子なんだしw と私は思います。

次回

Kasi4_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 第03話 「はずむの心、やす菜の心」

Kasi3_3

今回ははずむとやす菜が仲直りするお話。

Kasi31_1

前回ラストに出てきたジャン・プゥと宇宙仁が本格的に登場。ジャン・プゥははずむにぶつかった宇宙船が姿を変えたもの。モデルがはずむなのではずむに似ているとのこと。

はずむは二人を隠そうとするが、両親はボケボケなのではずむの心配はよそになにも気にせず受け入れてしまう。

Kasi32_1

人間の観察に出た宇宙仁と出会う並子先生。先生はいつも騒がしいですねぇw

とまりは女の子にもモテモテという話をしているはずむ達を遠くから見つめるやす菜。はずむが女の子になってからまだまともにしゃべれない様子。

ここではじめてはずむはやす菜と共に埋めた花がやす菜のだけ掘り返されていることに気づく。

Kasi33_1

吹奏楽部の中でも他の人と一緒に練習するわけでもなく、家に帰っても親に気を使って一人で食事。心配してくれる飼い犬には昔の一人ぼっちに戻っただけと言いながらも生気を失うやす菜。

Kasi34_1

振った子ともその後仲が悪くなるわけではないというとまりの話を聴いてはずむは何かを思いつき、夜中なのに一人でどこかに出かけてしまう。

次の朝、やす菜が目覚めると部屋の観葉植物が枯れている。植物に詳しいはずむのことがおのずと頭をよぎり涙が…。そこでカーテンを開けると、塀の向こうにはずむの姿が!急いで外に出てみると、そこにはドロだらけのはずむが花を抱えて待っていた。

友達になってくれと頼むはずむに対し、やす菜ははずむを傷つけたことを気にしている。が、はずむが微笑みながらお願いすると、やす菜もうれしそうにそれに答えるのだった。

かくして、二人は仲良しさんになりましたとさ。めでたしめでたし。

でも、私はとまりのほうが好きだったりするw

次回

Kasi3_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 第02話 「彼女は彼女である事を自覚した」

Kasi2_1

さて、女の子になったはずむは一体どうなってしまうのか。

Kasi21

全世界に宇宙人が発表したため、ちゃんとした検査も受け、世間からの対応もちゃんとしているみたい。むろんニュースでも取り上げてある。

とまりは何か気に食わない様子。

Kasi22

そして、解放され家に帰ってきたはずむ。そこではまた夫婦漫才が待っていたw 両親ともはずむが女の子になってもはずむ自身は元気に戻ってきたということであまり気にしていない様子。むしろ喜んでる?

そしてはずむの女の子の制服姿のご披露。明日太ととまりはそれに戸惑うが、あゆきはちゃんと対応する。あゆきが一番オトナな性格かな。

Kasi23

外に出てみるとマスコミの嵐。とまりに手を引かれダッシュで駆け抜けるはずむ。荷物は?あゆき達が持ってきたのかな?

はずむ達を助けようと突如姿を現した並子先生。が、マスコミの嵐には勝てず吹き飛ばされてマンホールにドボン。並子先生の役どころははっきりしましたねw

はずむは女の子になったことをあまり気にしていない様子…というか、受け入れている様子。しかし、その行動はまだ女の子を自覚したものではなく大胆な行動が目立つ。一方、とまりは密かに思いを寄せていたこともあり、はずむが女の子として自覚することが納得いかない。

Kasi24

が、はずむがちゃんとした女の子になるために協力することに。とまり、あゆき、明日太ではずむをちゃんとした女の子にする計画開始。

デパートでとまりは下着のつけ方なども教えるが、やはり納得いかずに先に帰ってしまう。

Kasi25_1

あんなはずむは自分の知っているはずむじゃない、と一人抱え込んでしまうとまり。そんなとまりの元にあゆきが急いで追いかけてきた。はずむがピンチらしい!

Kasi26

デパートから帰る途中、またしてもマスコミに囲まれるはずむ。どうすることもできずあたふたしていると押し倒され、マスコミのプレッシャーに泣きそうになってしまう。

そこにとまりの登場!

「はずむは私が守る!指一本触れさせるもんか!」

Kasi27

「ごめんね…。迷惑ばかりかけて、守ってもらってばっかりで、ごめんね…ごめんね…。」

とまりに助けてもらって涙するはずむは昔も今も変わりなく、とまりも安心するのであった。

Kasi28

帰宅すると、はずむの部屋には見慣れぬ2人の姿が!

いやぁ、今回も泣けますねぇ。はずむが泣きながらごめんね、というあそこの場面は涙がポロリですよ。この作品は久々に感動ものとして私の中で語られることでしょう。

次回

Kasi2_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 第01話 「少年はその日変わった」

さて、私この作品のことはこの1話目を見るまでどんな作品なのかもまったく知りませんでした。で、見始めたわけですが・・・

Kasi1

まず、初めにこの↑シーン。えっと・・・女の子×女の子物?まぁ、タイトルからは想像はしていましたが・・・という印象。

かと思うと・・・

Kasi2

ん?いきなり宇宙?しかも異星人?どんな話なんだぁ?と、話のスケールがよくわからずに戸惑うことに。

Kasi4_1

彼、大佛はずむが主人公!そう、彼が!・・・声が・・・植田佳奈・・・ん?高校生でこの声はないだろぉ!と思い、なんだこの作品はとこの段階では微妙だなと思っていました。

彼はガーデニング部所属で、山に花を探しに行くのが好き。その山で神泉やす菜と出会うんですね。

Kasi3

左が神泉やす菜、右が来栖とまり。やす菜もガーデニングに興味があるらしく、はずむと出会ってからは一緒に花を植えたりしていた。それで趣味の合うやす菜を意識し始めたはずむはやす菜へ恋心を抱くのです。

とまりは陸上部に所属していて、おとなしいやす菜とは逆で元気な性格。どうやら彼女もはずむのことが気になる模様。

それで、やす菜に恋心を抱いていたはずむはついに告白をする!が、玉砕・・・。振られてしまうんですねぇ。もう元の友達には戻れないと、やす菜のことを忘れるため山へ行っているはずむ。はずむがなかなか帰ってこないため、周りの人々ははずむを探し始める。

Kasi5

まだこの5人の位置付けはよくわかりませんが、左上が摩利あゆき。はずむがやす菜に告白するべきか悩んでいるときに相談に乗っていました。
右上が曽呂明日太。はずむの男友達。この作品、現段階では男少ないなぁ・・・。彼がはずむを励ますためにはずむを探していることからみんながはずむがいないことに気づくんです。結構キーパーソンかも?
左下ははずむの両親。この2人が意外とおもしろい。なんか漫才してるし・・・。
右下ははずむの担任の先生の月並子。はずむの家に突然現れて騒動しただけ。彼氏いない暦、生まれてこの方35年らしい。

Kasi6

序盤に出てきた謎の宇宙船がトラブルを起こし、地球に落下するとの急展開。落下予測地点ははずむ達の住む町。

落下してくる宇宙船を流れ星だと勘違いしたはずむは、願い事を唱えようとする・・・がいつまでも消えない流れ星はだんだん近づいてきて・・・はずむに激突!はずむに怪我を負わせてしまったそうな。そこでこの異星人、その怪我を治してくれるがはずむの性別を反転させてしまうのであった!・・・なるほど、そういう展開なのね^^;

この異星人、律儀に自己紹介しはずむにしてしまったことを謝罪している。そして、人権的、文化的配慮を願うと言い残し去っていく。・・・ん、めずらしくいい異星人だなぁ。

そして、はずむは帰ってきた・・・女の子になって。というところで1話は終わり。

う~む、前半は微妙だと思っていたのですが後半は全然違いましたね。こりゃあおもろいわぁ。はずむの高校生なのに違和感のある声はこういうことだったんですねぇ。やす菜のはずむが女になったということを聞いたときのうれしそうな顔は・・・うぅむ・・・やっぱ女の子×女の子物なのか・・・。いや、それでもおもしろそうだ。続きを見てみようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (12)