2006年3月 6日 (月)

R.O.D -THE TV- 第10話 「クリスマス・キャロル」

Rod10

実に1月ぶりくらいだわw

さて、今回はタイトルの通りクリスマスの話。

Rod101

昔、ねねねがデビューした新人賞のパーティーに呼ばれ、ねねねは嫌々ながらも三姉妹が興味をひかれたため4人で参加することに。

マギーとミシェールは有名小説家に会えることによろこび、アニタは豪華な食事を楽しむ中、ねねねは肩身の狭い思いをしていた。そんな中に今年の新人賞をとった女の子のスピーチがはじまる。昔の自分の姿を重ねるねねね、スピーチが終わるとねねねに声をかける人がいた。審査の時にねねねを選んだ大物先生らしく、随分と長いこと小説を書いていないねねねを非難し始める。そこに止めに入るリーさん。周りの人たちは大物先生を怒らせると大変だと口をはさまないが、ねねねの作品を愛して彼女の担当をしているリーさんは物怖じせずに先生に食って掛かる。このリーさんがかっこいい!

ここで、特別ゲストのような形で初代新人賞受賞者のねねねがスピーチをすることに。

Rod102

ここで前半は終わり。後半はねねねのマンションに帰って三姉妹が贈るささやかなパーティーのはじまり。

ここで三姉妹の誕生日だということが明かされる。三人ともクリスマスイヴが誕生日であるということの意味が昔話で語られる。

Rod103

クリスマスイヴの日に、読仙社から依頼されてパートナーを組むことになったマギーとミシェール。お互いに本好きということで意気投合する二人。廃屋になった教会に取り残された本を探しに行くということで、教会に侵入する。マリア像の下にある地下書物庫を発見するが、そこにならべられた本はどれも偽者ばかりだった。読仙社からもただの捨て駒として扱われ、偽者をつかまされた自分達にむなしさを覚えるマギー。そんな二人へ声をかけるものがいた、アニタである。

「あんた達、サンタ?泥棒?・・・サンタならプレゼント頂戴。泥棒なら・・・仲間にしてくれない?」

食べるものもなく、親も死に、里親からも逃げてきたアニタがお祈りしているところに二人がやってきたのだ。どちらかというと泥棒だと答えたミシェールに仲間にしてくれと頼むアニタ。その後の人生をだめにするというミシェールにその後の人生なんてないと言うアニタ。二人はそのままアニタを置いて出て行ってしまう。ひょんなことから出会ってしまった三人。その後三人別れてしまっても、ミシェールとマギーは何か釈然としない気持ちでいた。

次の朝、教会で一人寒さをしのいでいるアニタの元へミシェールがプレゼントを持ってやってくる。プレゼントは本。

「いいお話じゃおなかは膨れないよ」

「そうね。それは私が引き受けるわ。一緒に暮らさない、アニタ?」

そんな二人の元にマギーもやってくる。またしてもプレゼントは本。しかも、ミシェールのものと同じ物である。

「いいお話じゃ体は温まらないよ」

「それは私が何とかしよう。」

と、マフラーをアニタに巻いてあげるマギー。

そこでミシェールが姉妹になろうと提案する。

「一人じゃつらくても、二人なら耐えられるわ。三人なら楽勝よ。皆で助け合っていきましょう!」

二人の優しさに泣き崩れるアニタ。

三人が三姉妹として生まれた日がクリスマスイヴ。というわけでこの日が誕生日になったというお話。

今回はリーさんがねねねをかばう場面と最後の三姉妹が誕生の場面は泣けます。私が非常に感動しやすいというのもありますが、ラストはかなり泣けますねぇ。アニタの泣き声がリアルで、涙腺を緩ませてくれます。

いやぁ、心温まるいいお話でした。上に記した台詞でのいいお話じゃ・・・の場面は絵本かなにかのフレーズようで、本をテーマにしたこの作品ではなかなかうまい表現のしかただなと思いました。

次回、 「さよならにっぽん」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月13日 (月)

R.O.D -THE TV- 第09話 「闇の奥」

Rod9

昔のクラスメイトの結婚式に招待されたねねね。そこに来ていた友人と温泉旅行に出かけることに。一方、三姉妹も読占社からの任務で同じ温泉街へ。

Rod91 Rod92

さら~に!大英図書館側からアリスという女性とあのドレイクも来ていた!ドレイクついに来たって感じ。ドレイクは現在アリスの護衛を担当している模様。

金さんに仕事の内容を説明してもらう三姉妹。と、目当ての女性はドレイクを連れ立っていたアリスだった。しかも、ちょうど説明を受けている旅館のロビーで鉢合わせ。しかもそこにはねねねもジュニアもいた。ドレイク達に気づかれた三姉妹はすぐに逃げられ、そのまま遺跡へと逃げ込んだ二人を追って遺跡に入る。遺跡内で追いついた三姉妹。ドレイクは拳銃を向けるが、自分の娘と重なりアニタを撃つことができない。しかし、アリスがドレイクの手榴弾を投げ、爆発。遺跡が崩れ、三姉妹はバラバラに。アニタはねねねと再会し、そのまま二人でドレイク達を追うことに。マギーは読占社のサニー・ウォンと遭遇し共に行動することに。ミシェールは落ちたときに目に砂が入り目が一時的に見えない状態に・・・そこでジュニアが水のあるところまで手を引いてくれる。ジュニアは味方だと言うがはたして・・・。まだこの時点ではジュニアの正体はばれていない様子。ミシェールにはわかったのかも。

Rod93 Rod94

遺跡の最深部に到達したアリスとドレイク。温泉が吹き出るその場所の中央に守られている台。アリスが調べ上げた情報で台のスイッチを攻略し、何かの鍵を手にする。さて、ここでアリスのヌードが連発。この女見せまくりですw サービスしすぎww

そんなところにアニタ達と合流したミシェールがやってきて戦闘状態に。読子のパートナーだったドレイクの奮闘で紙を濡らされ戦闘不能になった二人。そこにサニー・ウォンとマギーが到着する。ドレイクに拳銃を突きつけられ紙を捨てさせられるマギー。ウォンにも同じように命じるが、ウォンがコートを翻した瞬間、大量の紙が周りを切り裂いた。ミシェールとマギーは紙のバリアでそれを防いだもののアニタは間に合わなかった。しかし、ドレイクがアニタの盾となり負傷。アリスはドレイクに守ってもらえず負傷。負けを悟ったドレイクはウォンに投降の意思を示し鍵のありかを教える・・・がしかし、その瞬間アリスの腹部に突き刺さるウォンの紙。その後も紙は次々とアリスに突き立てられる。ドレイクは怒りに奮起し拳銃を放つが、すべて紙のバリアで通らない。ウォンが鍵の入ったバッグを取りに動くが、その瞬間地面からジュニアが現れて鍵を取ってまた地面へと消えていく。

アリスのもとへ走るドレイク。アリスは最後に台のスイッチを押せという。「娘の所へ帰りなさい、あなたはクビよ。」と言うと、息を引き取った。アリスに言われたとおりにスイッチを押すと、水脈が逆流し温泉が激しく噴出した。それによってみんなそれぞれ遺跡の外へと脱出。三姉妹は金さんから報酬の半分を受け取るが、ウォンのやり方が気に入らないアニタは去り行く金さんの車に報酬を投げつけるのだった・・・。

さて、今回は冒険アクション物ですね。こういうの好きです。インディージョーンズみたいなw そうかぁ、三姉妹が読占社側なら大英図書館側が敵なのは最もな話ですね。ドレイクも今のところは敵かぁ・・・。まぁ、最終的には仲間になりそうですけどね。

せっかくヌード連発してくれたのに1話限定キャラなんですね、アリスさん。惜しい人を無くしてしまった。生きていればこれからはもっとヌードが見れたろうにwww 冗談です。それにしてもウォンは非道なやつですねぇ。私はああいうキャラは嫌いです。ねねねも言ってましたね、私が見た紙使いで一番強そうだけど一番薄汚いわと。ついにねねねも裏事情に巻き込まれ始めましたね。と、いうか・・・ねねねはドレイクを知っているはずなのに・・・ドレイクに読子の所在を聞こうとかって言うそぶりをみせませんでしたね。ふぅむ・・・これから昔のキャラクターもどんどんでてきそうなので、絡みにも注目ですね。

次回、「クリスマス・キャロル」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

R.O.D -THE TV- 第08話 「夜に惑わされて」

Rod85

今回この二人がメイン?

このシーンで岡原君が菱石さんに告白をしているんですね。その結果はよくわからない答えでしたが^^;

今回は学校の図書館でポルターガイスト現象が起こるということで、アニタのクラスメイトが夜中に勝手に図書館に忍び込み正体を突き止めよう!っていう話です。

Rod81

このうるさく自己中お嬢様キャラの西園なつめの声は田村ゆかりさんですね。この演じ方が田村ゆかりさんの演技の中でも一番好きです。極上生徒会のりののしゃべり方ですねぇ。毎回なつめが出てきたらにやにやして聞いてます(オイ この作品では西園のお姉さんの声もまったく同じですね。

Rod82 Rod84

さて、結局は図書館でワイワイと騒いで終わったのですが、この話の本当のメインはジュニアの関係ですね。今まで特に何も語られてこず、よくわからないキャラだったジュニアの心が少し動いています。

今後ジュニアがどうなるのかもこの話の楽しみですね。ってか、ジョーカーさんが読仙社でカーペンターさんとか呼ばれてる・・・。やっぱ敵なのかな、この人。あのドジなウェンディがまともになってるし・・・でもウェンディも敵とか嫌だなぁ。

Rod83

最後に・・・すごい部屋だな、ねねねの部屋。いや、誰かさんの仕事場もこんな感じだが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

R.O.D -THE TV- 第07話 「藪の中」

Rod71

今回の7話は個人的には微妙・・・な話でした。全体的になんだか暗いんですね。映像も始終なんだかふわふわしたテイストで、なんだかそれがあまり好きではありませんでした。

あらすじは↓

喫茶店でミシェールが消え、その後マギーも警察につかまり・・・と分断されていく姉妹。そんな中、不安になったアニタのもとへミシェールが現れる。安心したのもつかの間、それは偽者のミシェールだった。

本物のミシェールは別の場所につかまっており解決策を発見。マギーも脱走してミシェールと合流。アニタもビルの屋上にいたが、偽者にだまされた後で今度のミシェールも本物なのかと疑う。その時ミシェールがアニタに言った台詞。

「本物か・・・偽者か・・・あなたが決めて。でもね、私はあなたの前で演技なんかできないわ。」

Rod73 Rod74

そして、にっこりと微笑みかけるんですね。今回はこれが名台詞だと思います。

犯人は演じることが好きで好きでたまらなくなってそれが能力となったということ。町の住人は全員ジョン・スミス(犯人の名前)ということですかね。

というか、ジョン・スミスってR.O.Dの小説の第02巻で出てきたテロ組織のリーダーの名前じゃないか・・・。なにか共通点あり?

Rod75

ラストはみんなお疲れさまです。めでたしめでたし。

R.O.D -THE TV- vol.1 DVD R.O.D -THE TV- vol.1

販売元:アニプレックス
発売日:2003/10/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

R.O.D -THE TV- 見始めた~

R.O.Dって今何巻まで出てるんだろう・・・。

スーパーダッシュ文庫で発売されているR.O.Dシリーズ。第01巻が発売されたときからしばらく買いつづけて、第07巻までは買ったんだよなぁ。

最近はライトノベル系はほとんど買ってないんだよなぁ・・・。確実に買うのは電撃文庫より発売のブギーポップシリーズくらいかな。

おっと、アニメ版R.O.Dの話をしようと思ってたんだった。

そうそう、今更ながらアニメ版を見始めたんですねぇ。ずいぶん前にOVAのやつを見たような気もするけど・・・よく覚えてないなぁ・・・。

小説がなんだかアクション映画を見ているような感覚で、すごく引き込まれてはまったこの作品。TVアニメ版もちゃんとその雰囲気を再現できてますねぇ!

メインキャラはかわっちゃったけれど、菫川ねねねがメインキャラでちゃんと出てるから話に入り込み安い。しかもねねねの声って雪野五月さんじゃあないですか!ん~、しかもねねねのキャラ作りはフルメタルパニックの千鳥の感じとほぼ同じだぁ!こりゃあツボですわ。特に雪野さんのファンというわけではないけれど結構好きなほうですね、あの声は。

声優ネタを持ち出すと止まりませんw えっと、メインメンバーの三姉妹・・・彼女達も個性バツグンの素晴らしいキャラですねぇ。容姿端麗でおっとりしっかり(?)者の長女のミシェールに背が高くて狭いところが好き&無口な次女のマギー、元気一杯で本嫌いのアニタ。私も色々とストーリーを考えるのが好きですが、是非このような配役でストーリーを考えたい。んで、声優がまたいい!長女のミシェール役の方は詳しく知らないのですが、まずアニタの声が斎藤千和さんだということ。千和さんはぱにぽにだっしゅで大ファンになりましたからねぇ。 そして、マギー。さっき調べてみるまでは平田宏美・・・知らないなぁと思っていたのですが・・・。彼女、あれですね、アイドルマスターの菊地真役の平田さんじゃあないですかぁ!!びっくりですよ・・・。私、現在真を攻略中です・・・といってももうずいぶんとプレイしていませんが・・・。

三姉妹の中ではマギーが一番好きですね。彼女のキャラは極上生徒会のシンディに似ていますね。大好きですよ、こういうキャラは!

ところで、ジョーカーさんやウェンディが敵みたいな感じででていますねぇ。小説もなんだか微妙なところまでしか読んでないので彼らがどういう設定だったのか正確にわからない・・・。敵、じゃあなかったような。裏切りカナ?

まだ第05話までしか見ていないのでこの先どうなるのかわかりませんが、続きも見つつ小説のほうも読み返してみようかな。

R.O.D -THE TV- vol.1 DVD R.O.D -THE TV- vol.1

販売元:アニプレックス
発売日:2003/10/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

R.O.D〈第2巻〉 Book R.O.D〈第2巻〉

著者:倉田 英之
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)