2006年2月 9日 (木)

漫画 SPEED GRAPHER 第01巻

SPEED GRAPHER 1 (1) Book SPEED GRAPHER 1 (1)

著者:GONZO,コザキ ユースケ
販売元:メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

結構昔に発売されていたんですね、漫画版のスピグラ。ともぞさんの描く漫画版もクオリティ高いです。

アニメ版とは少しストーリーの流れが違いますね。はじめに敵として追ってくるのはダイアモンド夫人こと小金井。彼女、漫画版の方が俄然美人です。結局最後は雑賀の血でダイアが濁り写殺されて半分砕けてしまい、水天宮にとどめを指されてしまうのですが、アニメ版よりもしっかりしたキャラクターに描かれていると思います。雑賀が色をつけようとスプレーを吹きかけても肉体を研磨してしまいますし・・・。己の弱点を克服しているというのが描かれているのでアニメ版よりしっかりしているように感じるのかな。

ゴム人間こと白金も序盤に出てきますね。まだ能力を手に入れていない雑賀がゴム人間と互角に戦えるということで、やはり雑賀は結構戦闘力があるんですね。アニメでは最初にやられてしまった白金。第02巻では彼との戦いが描かれるようなので楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SPEED GRAPHER スピードグラファー 第12話 「左手に抱かれて眠れ」

Sg12

今回からOPの映像が変わった!かっこよくなってる!辻堂のところがなんか妙にかっこいいなぁ。これはいいぞ、いい変化だ!

Sg121 Sg122

さて第12話。結構大きく話が動き出しましたねぇ。神泉が唯一信じていた豪徳寺社長(左の画像の左側に映っている方ですね)との出会いがまず簡単に描かれていました。

右の画像は暗くてわかりにくいかと思いますが、銀座さんの部屋に侵入してきたスパイダーマン(仮)ですw 寝込みを襲われてもちゃんと反撃している銀座さんがかっちょいい。が、しかし怪しげな小さな蜘蛛を首筋に貼り付けられたままスパイダーマン(仮)は蜘蛛の糸をパラシュート代わりにして夜の闇へと消えていきました。

神楽も治療のために放り込まれた船から逃げ出すことに成功。神泉と水天宮の結婚を止めさせるために家に戻ります。

Sg123 Sg124

戻ってきた神楽に神泉は会い。水天宮に利用されていることを知る。心底信じていたわけではないのでそのまま屋敷の者に水天宮たちを始末させようとするが、水天宮は能力を発動し、屋敷の女どもを細切れに・・・これって残虐すぎる・・・。

その後、豪徳寺と共にどこかに逃げてしまおうとしている神泉の元に水天宮がやってきて豪徳寺を殺害。と共に、神泉もついに殺害されてしまう。神楽はこれで独りぼっちになってしまいました。神泉は最後に神楽のお父様は神泉を裏切っていなかったという話にうっすらと微笑んで亡くなるわけですね・・・。ん~、この人は結局良い人だったのか悪い人だったのか良くわからず死んでしまったなぁ・・・。

そして、水天宮は神泉亡き後に天王洲グループを継ぐことになる神楽と結婚すればよいという計画に移るのだった・・・。

と、水天宮がどれだけひどいやつかというのがはっきりと描かれていますね。部下の三人がいいやつに見えてしまいますw 新治とかも結構いいやつなんではないかと・・・。

次回

Sg12_1

えっ、もしかして銀座さん死んじゃうとか・・・ないよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水)

「SPEEDGRAPHER」ディレクターズカット版 Vol.2

スピードグラファー・ディレクターズカット版 Vol.2 (初回限定版) DVD スピードグラファー・ディレクターズカット版 Vol.2 (初回限定版)

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2005/08/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

サントラ欲しさに購入してしまった・・・。本編は一応見たことがあるが、ディレクターズカット版ということで、OAでは放送出来なかった映像や音声をそのまま収録してあるそうだ。

さて、サントラ。いいですねぇ。スピグラの曲はかっちょいいです。ラジオでも流れるからほとんど耳に残っているものばかり。これはお宝になりそうです。

何よりうれしかったのが、ひなげしの丘 のSPEED GRAPHER versionが入っていたことですね。シングルとは違った感じの曲調になっており、このサントラにしか収録されていないのではないでしょうか。私は曲は前期のほうが好きだなぁ。

3曲目に収録されている背徳の街を聞くと、ラジオの圭さんのあっという間の約30分という言葉が聞こえてくるようですww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

SPEED GRAPHER 第11話 「ハハキトク スグカエレ」

Sg111

はい、また11話からという微妙な書き方になりますが、このブログも突然はじめたもので、それまでの私の人生で体験してきたことの続きから始まることが多々あります。きっとアニメのことを書く場合でも途中から始まることがよくあるものと思ってくださいな。

さて、スピグラ第11話。神楽がついにつかまってしまいますねぇ。しかも銀座さんに。私、この作品の中では銀座さんが好きですw 今回は銀座さんのエロいシーンがありましたねww 雑賀は私のもんだよよか言ってますが、きっと最後は雑賀と結ばれることはないんでしょうねぇ。

と、今回の神楽はかわいそかった。つかまった後にお母様にぶたれ、屋敷から逃げ出そうと走り回る・・・が花瓶は割るわ、屏風にぶつかるわ、最後には銀座に泥棒猫と言われるは・・・ひどい仕打ちです。でも、圭さん(神楽役の声優さんね)の演技はうまかった。最近ラジオ番組のほうも楽しんでいるのですが、ラジオの元気な圭さんとは違い、やはり声優だなぁと(ん、意味わからん?)

Sg112 Sg113

水天宮もかなりたくらんでますねぇ。もう、悪役って感じがよく伝わります。てか、1万円札で巻いた葉巻ってどうよ・・・。嫌味中の嫌味だね。もう最低男だね。

今回で話もちょうど半ばあたりになるのかな?特に話が大きく進むこともなく一区切りと言った感じですね。雑賀と神楽が離れ離れになってしまったので、この先どうやって二人は再会するのか、見ものです。

また新しいユーフォリアの持ち主が登場しましたねぇ。水の中に出てきたのと蜘蛛を使うやつとあれは別の人物ですよね。蜘蛛のやつ・・・スパイダーマンかぁw ユーフォリアの能力も楽しみにしています。雑賀と敵ユーフォリアの戦いがかっこいいですからねぇ。早く戦闘にならないかなぁ。

Sg114 Sg115

銀座さんのSexyシーンだけでも満足かなww ↑

次回

Sg116_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)